カート
ユーザー
商品
商品カテゴリー
コンテンツ
「ふんわり いなきび」は、深みとコクのある濃いめの味で卵に似たふんわり感ととろみが特徴。 きれいな黄色は抗酸化に優れるポリフェノールの色
ふんわり いなきび【300g】
1,944円(税込)
購入数

ふんわり いなきび【300g】
1,944円(税込)

ふんわり いなきび

美しい黄色、深みとコクのある濃いめの味わいで、卵に似たふんわりとしたとろみが魅力です。

きれいな黄色は抗酸化に優れるポリフェノールの色。美しい黄色で見た目も楽しませてくれます。

たんぱく価は低めだが、大豆、小麦、もろこし、とうもろこしなどに混ぜて調理すると栄養バランスが整います。

たとえば、きび70%、大豆25%、牛乳5%を加えたものは、全鶏卵の必須アミノ酸と変わらないバランスに。きびは単体よりも他の食材と合わせると、味、栄養、見た目の美しさなど、魅力が発揮される雑穀です。

薬膳では風邪予防の素材とされており、アレルゲンになりにくい性質と善玉コレステロールを高める点も、注目されています。

おもな栄養素はビタミンB3といわれるナイアシン、亜鉛、鉄、マグネシウムなど。亜鉛は精白米の約2倍で、食物繊維、鉄、マグネシウムも約3倍含まれています。ナイアシンはコレステロール値を下げる働きがあります。

いなきびの歴史

原産地は中国、もしくはインド〜中央アジアと言われています。古くは、中石器時代(紀元前4000〜8000年)にヨーロッパに伝わり、新石器時代にはユーラシア大陸の広範囲で栽培されていました。

古代中国周の時代(紀元前6世紀)の代表的な穀物であったほか、中世ヨーロッパではパン焼技術が普及するまで、粥の原料として庶民食の中心的存在で、きび粥はグリム童話でも有名です。

日本では、稗や粟よりやや遅い縄文時代晩期以降に伝わり。、吉備の国と呼ばれた岡山県のあたりでは、その名の通り、古来は黍の産地でした。伝統的なハレ食の餅や団子にかかせない原料で、「桃太郎のきび団子」は私たちにとってなじみ深い雑穀です。

ご使用方法

  • 白米と混ぜて炊く
  • 目的に応じ、お好みの雑穀とブレンドして炊く
  • おかず、お菓子などの材料にも使えます
おすすめレシピ 『いなきびとトマトの生春巻き』

>レシピはMAIKOKU COOKINGでどうぞ

【 商品詳細 】
商品名 ふんわり いなきび
原材料名 いなきび
生産地 岩手県
内容量 300g
賞味期限 精白から1年
※ 出来る限り、精白したての新鮮な雑穀をお届け致します。
※ 実際にお届けする商品の賞味期間は、1年より短くなります。
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
開封後は、できるだけ、冷蔵庫にて保存下さい。
栄養成分表示
(100gあたり)
エネルギー:356kcal、たんぱく質:10.6g、脂質:1.7g、炭水化物:73.1g、食塩相当量:0g
カートに入れるに戻る

この商品を買った人は
こんな商品も買っています

  • 5穀 体質改善ブレンド【1kg】
    5穀 体質改善ブレンド【1kg】
    5,184円(税込)
    「元気なカラダに組み立てなおす 体質改善」は、5種類の小粒な雑穀を多めに配合した、雑穀ごはん初心者にもやさしいブレンドです。
  • 7穀 究極の雑穀 【1kg】
    7穀 究極の雑穀 【1kg】
    6,048円(税込)
    しっかりとした品質管理のもと大切に育てられた7種の新鮮な雑穀をバランスよく配合し、現代人が不足しがちな栄養素が豊富に含まれている、まさに究極の雑穀
とくとく定期便のご案内
マイ穀のお得な定期お届けサービス
お申し込みはコチラから