雑穀ガイド

雑穀は、現代人のミネラル、ビタミン不足を一気に解決してくれるパワーフードです。 薬膳としても珍重されてきた、体を変える力の強い食材として大注目されています。

雑穀とは、古くから食べられてきた穀物の総称です。

白米と違い精製されずに流通しているので、ビタミン、ミネラル、食物繊維、鉄分、カリウム、マグネシウム、亜鉛など、日本人に不足しがちなビタミンとミネラルの種類が豊富なのが特徴です。

また、穀物に含まれる食物繊維は野菜などのそれよりも整腸作用や排出作用が高く、野菜を食べている人でも、雑穀を食べはじめると便通がさらによくなります。

雑穀は生命力にあふれています。土壌や気象条件が悪くてもたくましく育ちます。そんな厳しい条件で育つからこそ、栄養価も非常に高いのです。さらに、白米と雑穀のコンビは、最強のダイエット食です。いつもの白米に雑穀を加えるだけで、エネルギー代謝をスムーズにします。

白米に雑穀を混ぜると、こんなにうれしい効果があります

  • ビタミン、ミネラルがたっぷり!
  • 食物繊維がたっぷり!
  • 抗酸化成分が豊富!
  • 良質なたんぱく質が摂取できる!
  • つぶつぶとした食感で、噛む回数が自然と増える!
  • 善玉菌を増やして、腸内環境を整える!
  • 薬効や機能性があり、健康美容効果が高い!
  • 腹もちがよく、ダイエットにもおすすめ!
  • 体を温める作用がはたらき、代謝アップ効果がある!

いろんな雑穀と栄養素

目的や好みに合わせて雑穀を選んでみましょう。

あわ:ストレス抵抗を強化する

副腎の機能を助けるビタミン軍のひとつバントテン酸が雑穀の中でも特に多い。バントテン酸はストレスに対する抵抗力を強化します。ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、カリウム、亜鉛などを含有。くせのない万人受けする味です。

> 新鮮な、【もちもち あわ】はこちら

いなきび:コレステロール対策に

おもな栄養素はビタミンB3といわれるナイアシン、亜鉛、鉄、マグネシウムなど。ナイアシンはコレステロール値を下げる働きがあります。きれいな黄色は抗酸化に優れるポリフェノールの色。深みとコクがあり、ふんわりとしたとろみがあります。

> 新鮮な、【ふんわり いなきび】はこちら

ひえ:豊富なミネラルで冷え性にも!

含まれるたんぱく質は、血中の善玉コレステロール値を高めてくれます。名前は「冷え」に強いことが由来。ビタミンB6、ナイアシン、カリウム、リン、亜鉛、バントテン酸を含みます。くせのない万人受けする味です。

> 新鮮な、【さらっと ひえ】はこちら

おおむぎ:食物繊維がどっさり

加工した押麦より丸麦がおすすめ。食物繊維の一種βグルカンを含みます。強力な整腸作用で免疫力もアップし、便秘改善に力を発揮。ごはんと混ぜても食べやすく、流通量も増えています。

> 新鮮な、【ほっくり おおむぎ】はこちら

たかきび:多種多様な栄養素

雑穀の中でも特に栄養が豊富。特にマグネシウム、ポリフェノールが多く代謝改善効果が高い。その他ビタミンB1、ビタミンB6、亜鉛、ナイアシンなども含有。甘みと弾力があり、食感とコクのある味わいです。

> 新鮮な、【ぎゅぎゅっと たかきび】はこちら

そばの実:心臓や血管を強化

高血圧の改善と予防、毛細血管の増強、コラーゲンの生成に役立つといわれる。ポリフェノールの一種、ルチンを含有。カルシウム、マグネシウムも含まれています。そばアレルギーをお持ちの方はご注意ください。

> 新鮮な、【ぷるぷる そばの実】はこちら

はとむぎ:美肌効果抜群!

たんぱく質が豊富で、アミノ酸バランスに優れています。白米の2倍のビタミンB2を含有。新陳代謝を促進、利尿作用、解毒作用に優れるため美肌効果が抜群。長めにゆでるとプルプルとした食感を楽しめます。

> 新鮮な、【ぷるるん はとむぎ】はこちら

黒米:抗酸化に優れている

黒色の種皮には、抗酸化作用があるアントシアニンが豊富に含まれています。鉄分、食物繊維、マグネシウムも含まれ血液サラサラに。ごはんに混ぜて炊くと紫色になります。消化が悪く胃腸が弱い人は控えめに摂取してください。





PAGE TOP